2017年9月13日水曜日

能登半島で 移住した人・したい人を支える、太田さんに聞く「移住」【セミナー・講座】


『能登半島で 移住した人・したい人を支える、太田殖さんに聞く「移住」』、開催しました。


能登での移住定住支援に取り組む太田さんに、 
・その取り組と現状、
・地域の人と移住したい人と、どちらにとってもよい暮らしを提案していくという地域コーディネーターの役割
・リスクを負ってでもチャレンジしていくと、周囲(地域)も真剣に向かいあってくれるという姿勢
・(ご自身も移住者であるので)移住者としてできること
などについてお話しいただいた後、
ディスカッション形式と質問タイムをとり、さらに深くお話をうかがいました。


地域課題に対しては、その課題ごとに個別で様々な取組みがなされているので、
ご参加いただいた皆さん、講師の太田さん、ありがとうございました。

 実際に機能している課題解決への取組みを、
その運営者から直接うかがえる機会は今後も設けていく必要があると感じています。 


--------------  
  開催概要
--------------

今回お話いただく太田さんは、ご自身が石川県に移住された方で、もともとは東京都のご出身。そして、移住者を支援する仕事に携わる方。
移住自体に関わる経験や、移住してみてどうだったのか?、どれくらいの人が移住してきているのか?という現状について。
また、施策としての移住、ビジネスとしての移住、経験としての移住について。多方面から移住にせまり、移住から現在の社会について知っていただけます。
移住って確かに言葉として聞くことはあるけど、実際どんなかんじなの?やっぱり生の声をきくのが一番でしょ、ということで、
皆さんのご参加、おまちしています。
-------------------------
地方への移住者は増加傾向にあり、
IターンやUターン、地方への移住施策についての情報は

インターネット上でもたくさん見ることがでます。

しかし、移住する目的や、移住後に成立させたい生活様式はその人ごとに異なるため、
個人に合ったきめ細かいサポートが必要となります。

このような状況に対して、住宅の整備、地域に関する情報の受信、地域への溶け込みについてなど、
移住する人・したい人が直面する問題に取り組み、移住者の支援を行っている、太田さんに、
移住についてお話を伺います。
------------------------
講師プロフィール
太田殖之(オオタ ノブユキ)
株式会社おやゆびカンパニー代表取締役
株式会社ぶなの森 地域づくりプランナー兼デザイナー
一般社団法人能登定住・交流機構 事務局長

東京都出身。デザイナー、ITベンチャーを経て、地域づくりの世界へ。
人材育成、コミュニティビジネス等の創業支援、拠点づくりなど地域活性化全般に関わる。
2014年、子育てを機に妻の実家がある石川県七尾市へ移住。
(一社)能登定住・交流機構の事務局長として能登地域の移住支援・雇用創出に取り組む。
2017年、移住者3名と七尾市地域の活性化を目的に会社を設立。
活動の第一弾として七尾市高階地区にゲストハウス&カフェを開業。
地域の方々とにぎわい作りに取り組んでいる。
----------------------
概 要
日 時 2017年 9月13日(水)19:00~20:30(開場:18:30)
参加費 1,000円(当日会場にて現金でお支払いください)
定 員 15名程度
会 場 津市市民活動センター 研修室
申 込 こちらからお申し込みください → http://www.kokuchpro.com/event/ijyuu/
-----------------------
主 催 
津市市民活動センター
(指定管理者 特定非営利活動法人 津市NPOサポートセンター
〒514-0027 三重県津市大門7-15 津センターパレス3階 
TEL. 059-213-7200  
FAX. 059-213-7201  
center@tsushimin.org  
https://tsusimin.jimdo.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿